2007年05月20日

トルコリラ(TRY)も他の通貨と同じ!?

FX為替相場の値動きは?⇒ランキング

トルコリラ(TRY)が政局の不安にもかかわらず好調ですね。
トルコリラ/円(TRY/JPY)も好調ですが、対ドルでも年初来高値を更新しています。
高金利に引かれて、新規の資金がずいぶん流入しているようです。


トルコリラはスワップ派にはうれしい超高金利通貨です。
14日、トルコ中央銀行は、政策金利を現行の17.5%に据え置くことが決定しました。
1日のスワップポイントは1万通貨当たりなんと426円!
単純に米ドルやNZDドルなどの倍以上のスワップ金利です。


つまり、同じ資金で倍以上のスワップ金利が貰えるわけですね。
トルコリラコミュがあります⇒為替ブログ


しかし、そんなトルコリラがいまいち普及しない原因として挙げられるのがハイリスクという点です。
インフレ率の高さとかつてのハイパーインフレの影響ですね。
またキャリートレードの対象となりやすいので、資金が逃げるときの下落が急激です。
恐ろしい率の暴落が起こったりします。


それで、ハイリスクという言葉が先行していました。
しかし、トルコリラ円の値動きをトルコリラチャートで見ていると・・・。


他の通貨ペアとたいして変わらないですね・・・。
参考:ニュージーランドドル/円チャート


基本的に円安トレンドも同じならば、円高になったときの値動きも同じ。
特に新興国と似た推移ですね。
結局、似たような動きをするなら恐れることはありません。


気をつけることも同様です。
急落に耐えられるレバレッジにすること。
きっちりロスカットを入れておくこと。


そこに気をつければ、現在は他の通貨と同じく円安トレンドです。
持ってるだけで、スワップ金利と為替差益で含み益です。


トルコリラを取り扱っている数少ないFX業者のHirose-FXでは、1千通貨単位で売買できます。
1万通貨で取引するのがまだ怖いなら、オススメですね。


ただ、現在トルコでは大統領選を控え、政局が不安定です。
いつか来る調整に備えて、きちんと気をつけるべき点は守ってくださいね。


最後に、記事が参考になったと思ったら、応援お願いいたします。
人気ブログランキング
為替ブログ

posted by FXで金利生活 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | トルコリラ(TRY)FX為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

トルコリラ(TRY)のFXトレードで気をつけること

FX円急騰後の動きは?⇒ランキング

トルコリラ(TRY)のFXトレードについてのリスクを前回にお話しました。
トルコリラのインフレリスクと市場規模のリスク、あとはキャリートレードのターゲットになりやすいことでしょうか。

ただし、1日約400円のスワップポイントを貰える超高金利通貨です。
みすみす諦めてしまうのは少しもったいないですね。

では、どのように取引すればいいのでしょうか?

まずはインフレリスクについてです。
トルコリラ/円(TRY/JPY)の為替チャートをご覧ください。

1年チャートで見ると、2006年6月にかけての大暴落から立ち直って以降は順調に値上がりしています。
この間、ロングポジションを持っていれば、毎日スワップポイントを貰いつつ、為替差益でも利益が出ています。

もちろんトルコ共和国国内のインフレ率は10%近くあります。
理論上は、お金の価値が10%下落していることになりますが・・・。

ただ、対円(対ドル)に対する価値が下落しないなら、インフレリスクなど関係ないのです。
為替ブログ


もちろんインフレが進行して、経済に悪影響が出ると為替レートも下落する可能性があります。

ですから、気をつけるのは急落に対するリスクということになりますね。

急落に対するリスク・・・これはどうにもなりません。
2006年の下落も20%を超える下落率です。

市場規模が小さいところにヘッジファンド等の巨額の資金がキャリートレードで入りこんでいます。
なにか起こったときに急落するのは当然です。

トルコリラ(TRY)とうまく付き合うには、上昇局面で購入し、ロスカットは必ず入れておく。
これにつきます!

ロスカットしない主義のスワップ派の方は取引しない方がいいですね。
安全策をとってもっとメジャーな通貨ペアを取引した方がましです。

一番恐ろしいのは、スワップポイントが高額だからといって、下げ局面でもずるずると持ち続けてしまうことです。
下げている分はスワップポイントで補填できるだろうと甘く考えていると大怪我をします。
下げ幅が限られている通貨ではありませんから、精神的にもよくありません。


急落時にはすぐ決済されるようあらかじめロスカット値は設定しておきましょう。

トルコリラ(TRY)は人気通貨です。
ですが、いくらスワップ金利が高くても、下げ続けていたのでは人気が出るわけありません。

保有しているだけでどんどん値上がりして行く上に、17.5%の超高金利でスワップポイントもおいしい!
それがトルコリラの人気の秘密です。
2006年中盤からは、円安効果でどこの通貨ペアにも見られた傾向ですね。

下げ局面になったら、無理して保有する必要もありませんよ。
スッパリと利益確定させてもらいましょう。

リスクがある通貨だということはみなさんもご存知のはず。
深追いせず、美味しいところだけいただきましょう。

トルコリラの取引が可能なFX業者は、取引ペアの非常に多いHirose-FXがオススメです。
試してみるのなら、こちらでどうぞ。


大変な相場になっており、FX取引をしている人でも高レバレッジで取引されたいた方には難しいところですね。
今回の話はトルコリラに限りません。
下落相場になったと思ったら、完全に底をつけるまで「休むも相場」ですね。

最後に、記事が役立ったと思う方はぜひ応援お願いいたします。
人気ブログランキング
外為ランキング


posted by FXで金利生活 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | トルコリラ(TRY)FX為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

トルコリラ(TRY)取引のリスク

FX為替相場利上げ後の動きは?⇒ランキング

トルコリラ(TRY)をFXで取引しようという方には知っておいてもらいたいこと。
それはトルコリラのリスクです。
政策金利17.5%、1日のスワップポイントが約400円もつく超高金利通貨なりのリスクがあります。

1.トルコリラのインフレリスク
これは旧トルコリラ(TL)の1ドルに対する為替レートの抜粋です。

1975年 15.00
1985年 574.00
1995年 59,322.00
2000年 642,840.00
2004年 1,511,631.00 (8月末)

1975年に1ドルが15トルコリラだったのが、30年後には150万トルコリラです。
通貨の価値が対ドルで10万分の1になってしまいました。

あまりのハイパーインフレに2000万トルコリラ紙幣のような0がいくつかわからない紙幣が流通していました。
お金の価値がどんどん下落するので、米ドルの方がありがたがられたくらいです。
そして、2005年1月1日に100万トルコリラを1新トルコリラ(TRY)へ実質デノミされました。

その後は比較的安定していますが、それでも現在もインフレ率は10%近くあります。
それだけ物価上昇しているということは、理屈ではトルコリラの価値も毎年10%近く下落していることになります。
対ドルでは安定しているようですが、インフレには注意しておきたいですね。
為替ブログ

2.市場規模のリスク
トルコリラ(TRY)は為替取引される市場の規模が非常に小さいです。
ですから、大量の取引が起こると為替レートの急激な変動が起こります。

トルコリラ/円(TRY/JPY)為替チャート
2006年5月にもトルコリラは88円台から68円台へと率にして20%以上の下落をしています。
このときの暴落は、米国のインフレ懸念による急激な利上げや先進国の金融政策が原因で、新興国(エマージング)市場から大量の資金の引き上げが起こったからです。
特にキャリートレードの資金引き上げが盛んで、エマージング通貨は大暴落しました。
南アフリカランド(ZAR)も同じ時期大暴落したので、取引していた方は覚えていると思います。

現在もキャリートレードの対象として人気があるため、ヘッジファンドや投資家の資金がかなり流入しています。
何かのきっかけでそれらのポジションがクローズされたら・・・急落が起こる可能性が高いですね。

小さな市場に大量のキャリートレードがされているリスクがあるわけです。


インフレのリスクと市場規模の小ささから為替レートの変動による影響を受けやすい。
・・・というか、暴落する恐れがある(笑)トルコリラですが、やはりトレードしない方が無難でしょうか?

確かにリスクがありますが、1日に400円を超えるスワップポイントは魅力です。
あきらめてしまうのはもったいない気がしますね。
次はトルコリラトレードで気をつけること、をお送りします。
期待応援お願いします⇒ランキング


日銀による利上げが決定しましたが、為替相場は一時円高になっただけで、安定していますね。
不安材料がなくなった分、すっきりしたようですね。

最後に、記事が役立ったと思う方はぜひ応援お願いいたします。
人気ブログランキング
外為ランキング


posted by FXで金利生活 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(1) | トルコリラ(TRY)FX為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。