2014年07月26日

FXは流行らない

投資には流行り廃りがあります。
FXは円安のときが大ブームだったのが、リーマンショック以降パッとしません。


こういう投資界のブームは、マネー雑誌を見ているとよくわかりますね。
アベノミクス以降は、完全に株ですね。


しかも、長期で持っているだけでいいような状態なので、株主優待も流行っています。
株主優待で生活する元棋士の桐谷広人さんを見ない月はありません。
あとは、ふるさと納税ですね。


という訳で、FXはやめちゃった人も多いでしょうし、あまり流行っていませんね。
最近では値動きも少ないので、トラリピも不発気味です。
これは困ったことですね。


しかし、いくら一時のような人気がなくなったとしても、私はやめる気はありません。
なんといっても、ほったらかしでチマチマとでも稼いでくれるトラリピは、手がかかる時間を考えれば優秀だと思いますし、スワップも半年に一回しか出ない株の配当金に比べ負けていないと思います。


かといって、株やインデックス投資も優れたものですから、こちらもやればいいと思います。
あれがいい、これがいい、とあれこれ迷ったり、disったりするよりも、いいと思うのを他人の言葉に関係なくやればいいんですよね。
posted by FXで金利生活 at 22:31 | Comment(0) | 考え・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

不労所得+ローコスト生活= ?

為替は最近すっかり値動きが小さくなりました。
トラリピもほとんど通知メールが届かず寂しいものです。


トラリピは不労所得という点では、完全放置で稼いでくれているので良い感じでしたが、
動かないものはどうにもなりませんね。


しかし、5月に引き続き6月もほとんど値動きがありませんでした。
嵐の前の静けさでなければいいのですが・・・。


コストのかからない生活


トラリピやスワップで生活しようとすると、相当な元手資金が必要です。
レバレッジを安全にしようとすると、何千万円も必要で、それだったらそのままリタイヤできたり・・・。


稼ぐ資金を増やすのが難しい場合、コストのかからない生活を送ることができれば達成できます。


例えば、アジアの発展途上国などで外こもりするのも一つの手ですが、日本で生活する場合には一工夫必要です。


なんといっても、日本は生活するだけでもコストがかかります。
特に大きいのが、住宅に関するコストですね。


東京都内などだと家賃を払うだけで、収入の半分近くになってしまうこともざらです。


ちょっとやってみたいローコスト生活


住居費のかからない生活といえば、最近はシェアハウスでしょう。


よく外国人がアパートの一部屋に何人も暮らしていることがありますが、これもシェアハウスのある意味、究極の形です。


一つの家をみんなで住めば、家賃は当然安くなりますし、服や本、いらない物を仲間内でリサイクルやシェアすれば、さらにローコストな生活ができるでしょう。


独身ではないので、今さらそんな生活はできませんが、若いときに社交性があればやってみたかったです。


今後は老人などでも増えそうなので、一つの生活スタイルとして定着しそうですね。


かつては家族や親類でやっていた生活スタイルが、コスト的にはやはり優れていたようですね。家族ではなく、他人と同様の生活スタイルを始めるようになるとは面白いですね。


一つ思いついたのは、シェアハウスを運営しながら、配当や利息の不労所得で生活していけば、家賃収入も合わせてかなりのローコストで暮らしていけるのではないかということ。


実践できないか考えてみたいですね。
posted by FXで金利生活 at 23:52 | Comment(0) | 考え・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

新入社員に戻りたい

4月も後半になり、研修を終えた新入社員が配属されてきています。
とにかく初々しいです。


最近の若者は「ゆとり」なのか?気になりますが、激戦ともいえる就活を乗り越えているからかしっかりしていると思います。


僕もあんな時代があったなあ・・・


ぽわわ〜ん、と想像するのは、新入社員に戻りたい!ってことです。


特にお金の面だけでも。


新入社員に戻ったらどうする?


まず絶対なのが、財形貯蓄をします。
会社に財形の仕組みがない場合は、給料日に自動引き落としですね。


意志の弱い僕は貯金が苦手でした。
だから、強制的に貯まる仕組みを作ってしまいます。


最初からないものと考え、使い切ってもOK!
でも、自動で積み立てられているというのが理想です。


生命保険に入らない


新入社員が格好のターゲットになるのが、生命保険の勧誘です。
生保レディー(おばちゃん)に乗せられて、入らなければいけない雰囲気に流されました。


しかし、どう考えてもいらないです。
若いうちは病気になどならないですし、もしなっても貯金があれば問題ありません。
保険の請求をしたことがある人は稀なんじゃないでしょうか?


家でも買ったら、団体信用保険に入ったり、掛け捨ての安い保険に入るくらいでいいでしょう。


投資をする


余剰資金で投資をします。
とりあえず内容はなんでもいいです。


例えば、配当金や株主優待目当てで株を購入して、ずっと保有します。
10年、20年と持ち続けると、配当だけで投資資金を回収することも可能です。

そうやって、銘柄を増やしていくと、資産がどんどん増えていきます。

ある程度資金ができたら、トラップリピートイフダンを始めたいですね!


ああ、考えていたら、いろいろ楽しくなってきました。
本当にこうしていたら良かった・・・。


新入社員や2年目、3年目の人は参考にしてくださいね。
posted by FXで金利生活 at 00:01 | Comment(0) | 考え・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。