2015年12月20日

結局、米利上げはまずかったのか

米国の利上げが決まった日は好感されて、株価もドルも高くなりました。

しかし、フタを開けてみれば、以前から言われていた方向に進んだのか・・・。
連日の大幅下落です。

トルコリラも41円台を保っていますが、このままでは油断できない。


利上げが米国の経済の強さを示したという解釈もありました。
でも、利上げによる金融引き締めによって、今後米国経済はそれなりに影響を受けていくという意見もありました。


さて、いったいどっち?と市場参加者を悩ませていましたが・・・。

どうも素直に利上げはまずかったのでは??


そこまで米国経済は強くないということでしょう。

特に米ドル高となった場合は、輸出企業はかなりのダメージを受けますし。


今はまだ0.25%ですが、これも続けていくと徐々に世界各国との金利差は開きます。
欧州や日本にまだ利上げできる体力はないでしょう。


新興国も心配です。
もちろんドル建ての借金が多いトルコも・・・。


日本は日銀の発表での混乱が示すようにもはや手詰まりのようです。
今後は期待できないので、いよいよ円安にも疑問が出てくるかもしれませんね。

これはマイポジションもまずかったか・・・ああ。。。
posted by FXで金利生活 at 23:05 | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

でかいポジションがあると雇用統計も怖いね

米雇用統計に慣れっこになっていたはずなのに、最近はドキドキします。

ドルが吹き上がって、トルコリラが急落したらどうしよう?
瞬間最大風速が40円を割れてきたらどうしよう?


などなど・・・。


雇用統計はすごく強く、トルコリラも急落しましたが、ひとまず踏ん張りました。
これでまたしばらくは持ちこたえそうです。


しかし、スワップは毎日貯まる。
徐々に含み損は相殺されていく。


そう思っていますが、下方向に吹き飛んでしまうと、それも夢となります。

年末に向けて、ポジションを整理しようか、それとも証拠金をきっちり入金して、とことん付き合おうか。

どちらにするか悩みどころ。

中途半端なのが一番良くないとわかっているのですが。
決心もつかないですね・・・。

posted by FXで金利生活 at 23:30 | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

なるべくリスクなくトラリピ 2015年5月までの収支

2015年は安全重視でもっとも強いと思われる米ドルでトラリピを行っています。

ユーロや豪ドルでのトラリピに比べ、のんびりとした動きですが、下値のリスクが低いかと思っています。
そんな米ドルも121円の壁を抜け、124円まで上昇してしまいました。

120円以下でトラリピロングを仕掛けていたので、しばらくお休みかもしれません。

今までの成績はこちらです。


20150531-1.jpg
2015年2月〜4月 +3,070円


20150531-2.jpg
2015年5月    +2,500円


低速度ではありますが、ある意味順調です。


しかし、こんなに底堅い米ドルですが、121円台で大量のドル売りをミセス・ワタナベが行ったというニュースが出ていました。
ミセス・ワタナベとは日本のFX投資家のことです。

121円台でポジションを利益確定した人も多いんでしょうけど、それ以外に新規のドル売りが18億ドル(約2000億円)もあったそうです。


今、ドル売りを仕掛ける意味がわかりませんが、みなさん積極的ですな。

今回、売りポジションが狩られたのであれば、今度は下がってくるかもしれません。
それまでのんびりとトラップリピートイフダンを仕掛け、待ちたいと思います。

posted by FXで金利生活 at 22:59 | Comment(0) | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。