2008年08月24日

FXで生きていく人−外こもり族

タイのバンコクでFXで生活をしていたブロガー安田誠さんこと棚橋貴秀さんが行方不明となり、亡くなったことがわかりました。
外こもりとは、日本で短期間働き、物価の安い外国で長期間滞在する人のことを言います。


特に人気があるのが、治安もよく日本人も多いタイ。
そこでFXで生活していたのが安田誠さんです。
為替ブログ


今回の事件は安田さんが外こもり族の本も出版している有名人であったことからニュースにもなりましたが、他にも同様の事件が起きても不思議ではありませんね。
特に失われた10年の不況下で望んだ就職をできなかったロストジェネレーション世代は、格差も大きく、FXや株などで生活資金を稼ぎ、外こもりをしようと思うのも不思議ではありませんね。


当然、同じFXで生活をするにしても物価が安い分、海外の方が稼ぐ金額が少なくてすみます。
月に10万円も生活費があれば、十分な暮らしがおくれます。
日本で月10万円だとかなり厳しいですが、物価の安い海外なら十分ですね。


ちなみに、月10万円スワップ金利で稼ぐために必要なポジションは、豪ドルやユーロだと20枚。
高金利なトルコリラだと10枚です。
必要な資金は、豪ドル1,900万円、ユーロ3,300万円、トルコリラ900万円です。
レバレッジ3倍にすると、豪ドル約650万円、ユーロ1,100万円、トルコリラ300万円です。
これなら簡単に達成できそうな気がしませんか?


さて、FXに限らず株投資で生活しているというと、とかく批判を受けがちです。
為替で生計を立てていく場合、トレードで利益を出していくか、スワップ金利で生活していくかの2種類があります。


一般的なイメージでいうと、デイトレなどのトレードで生活していると、眉をひそめられますが、スワップ金利生活だとあまり批判は少ないようです。
利息で生活しているのと同じように思われるのでしょうか?この点はスワップ派有利ですねw


しかし、FXや投資で生活していくには、一般人が想像もつかないような苦労があります。
トレードには何の保証もないため、とんでもないストレスを抱えていかなければいけなかったり、社会的安定がなかったり・・・安易に選べる道ではありません。


何事も目に見える良さの裏に、目に見えない苦労があることを忘れないでくださいね。
人気ブログランキング
 
 
 

posted by FXで金利生活 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップで金利生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

FXで金利生活を行うなら地道が一番

FX為替相場の動きは?⇒ランキング

FXで金利生活を行うなら、地道が一番です。
もっとも確実な方法は、毎月一定の金額を為替に投資していく方法です。
FXスワップ金利積み立て法

毎月1,000ドルずつ単純に購入し続けていくと、確実に資産形成はされます。
もちろん高い時期に購入してしまうこともあるので効率がいいとはいえません。
効率よく買う方法は、為替ブログを見るのが一番です。

しかし、何もやらないよりましです。
5年間続けるとスワップポイントは100万円を超えます。
そのスワップ金利も再投資に投入していれば、100万円分のポジションも増えますね。

あれこれ考えてしまってなかなか行動に移せない人や、単純に損をするのがイヤ!と
思っている人は、預貯金の代わりと考えて始めるのもいいでしょう。


積み立てFXをやるなら、いくつか注意点があります。

1.低レバレッジで運用

当たり前ですが、積み立て代わりなのにハイリスクでは話になりません。
欲張りすぎずに十分な証拠金を用意した方がいいです。

2.ほどほどに通貨分散も

ドルコスト平均法を利用するのですから同じ通貨を購入し続けないと意味がありません。
しかし、同一通貨ばかりだとリスクも高くなりますので、ポンドやNZドル、南ア・ランドなど
適度な分散もいいですね。

米ドルのようにボックスレンジからなかなか抜け出さない通貨もあれば、ポンドのように
上昇を続ける通貨もあります。

安いうちに買っておければ良いボーナスとなりますね。

3.地道に継続

何事も始めることよりも続けることのほうが難しいです。
積み立ては継続しないと意味がありませんので、がんばってください。

1000通貨単位で購入できるFX取扱い会社は限られてきますが、
こちらのFX積立て法の記事を参考に試してみてくださいね。


■やはり利上げの問題については据え置きが決定しました。
そのおかげでドル円は上昇していますね。
元々、米経済指標が好調ですから当然の流れでしょうか。
利益が出た方はおめでとうございます!
儲かった方は⇒ランキング

最後に、記事が役立ったと思う方はぜひ応援お願いいたします。
人気ブログランキング
ブログ村ランキング


posted by FXで金利生活 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | スワップで金利生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

金利生活をおくる上で効率の良い通貨ペアはどれか?

FXのスワップ金利で金利生活を送る上で、資金効率の良い通貨を選ぶことは大切です。

元手が同じなら、その金額でなるべくたくさんのスワップポイントを貰えた方がうれしいですからね。

例えば、1万通貨当たり282円もスワップポイントがつくポンド。
1万ポンド購入に必要な資金は、約223万円(レバレッジなし)です。

それに対し、米国ドルは2万米ドル購入で約236万円必要ですが、スワップポイントは326円つきます。
こう考えると、必要資金に対してもらえるスワップ金利は米ドルのほうが有利ですね。

米ドル急落の原因は人気ブログランキングで!

資金1万円当たりのスワップ金利を代表的な通貨で見てみると、

ランド(ZAR) 2.06円( 33/ 16万)
NZドル(NZD)1.89円(148/ 78万)
豪ドル(AUD) 1.53円(138/ 90万)
米ドル(USD) 1.38円(163/118万)
ポンド(GBP) 1.26円(282/223万)
ユーロ(EUR) 0.83円(125/150万)

となります。(10/28現在)

トラコミュが勉強になります。ブログ村ランキング

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)は10万通貨単位で持つ必要があるので、為替変動リスクが大きすぎます。
下落に耐えられる十分な資金があるなら、為替差益で大儲けすることも可能ですが・・・(汗)
安全にいくならもっとも資金効率がいいのはNZドルということになりますね。

ただ、そのせいか小国ニュージーランドが大人気となっていますので、キウイ取引する際は十分気をつけてください。
為替変動リスクを減らすのなら、分散投資を検討してくださいね。

また、同じ資金なら当然スワップポイントの高いFX会社を利用することが重要です。
業界でもっとも高いのは、セントラル短資の「日短FXダイレクト」です。
オススメですのでまだ持っていなければ検討してみてくださいね。

米ドルからユーロへの資金のシフトについてグリーンスパン前FRB議長が発言したようです。詳しくは人気ブログランキングで!グリーンスパン氏はいまだにすごい影響力を持っていますね・・・。

最後に、ぜひ応援お願いいたします。
人気ブログランキング
ブログ村ランキング


posted by FXで金利生活 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップで金利生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。