2008年04月21日

為替トレーダーで最も悪いのは・・・

もっとも悪いのはどんな人かというと「何もしなかった人」と言われます。
悪人よりもさらに悪いと・・・。

歴史を紐解いても英雄とともに極悪人も名前を残しています。
殷の紂王、ネロ、石川五右衛門、徳川綱吉、越後屋・・・。
もちろん何もしていない人は歴史に名を残すこともありません。


投資の世界でも同じようなことが言えます。
ドルが95円になったときに買える人。
大損をして破産した人。
眺めているだけで、買わなくてよかった〜、と胸をなでおろしている人。


株やFXで儲けていると言うと、普通の人は顔をしかめます。
けしからんと悪口をいうのは簡単ですが、あなたにそれと同じことができるかどうか・・・。

ポジションを持たなければ損をすることはありません。
しかし、時にリスクを取らなければ、いつまでも変わらないままです。




・・・いったい何が言いたいかというと、
103円の壁を突破して、円安に向かいそうな今日この頃。


あの時もっと買っておけばよかったなあ、と猛烈に後悔しているからです(汗)
過ぎてみると、なぜあのとき買えなかったんだ!?と思いますよね・・・。

確かにそう思う方はw、応援お願いいたします。
人気ブログランキング
為替ブログ



posted by FXで金利生活 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。