2007年11月11日

FX為替相場の行方は・・・

先週のFX為替相場は大幅な下落となり、ドル円は110円50銭付近まで下落しました。
米ドルは各国通貨に対し売られまくっていましたが、日本円も同じ状況になってきたようです。


米国経済の影響で、信用収縮という言葉が聞かれるようになり、株式市場も下落しています。
NYダウは13000ドルを割れそうですし、日経平均も8月の安値を超えそうです。
バブルのはずの中国株も調子が出ません。


そんな中、金の価格は暴騰しています。
9月に700ドルを突破し、2ヶ月で約20%も上昇しました。
837.5ドルとなり、28年ぶりに最高値を更新しました。

着実に資金は「安全資産」である金に流れ込んでいるようです。
株式市場や商品市場がどうなるのか不安なところですね。
原油高や小麦の価格など生活に直結するものが下がるのはありがたいですが(笑)


FXもスワップ派は難しくなってきました。
このような状況ではショートをうまく使いこなせないと厳しいですね。
スワップ派は下げ相場では我慢続きでストレスがたまります・・・。

さて、世界中がドル売り一色となりつつある現在の状況ですが、
もうダメだ〜と誰もが思ったときが底というのはよくあります。


ここ1〜2週ほどで底をつけることを期待してウォッチを続けます。
そしてあえてドル円をロングして見ようかなと狙います。
・・・ただ、下落が止まらない可能性もあるので、下げ途中でフライングで買うのは我慢です!

ドル円の下値目安は?ズバリ書いています人気ブログランキング34位 円高緊急レポート


最後に、記事が参考になったと思ったら、応援お願いいたします。
人気ブログランキング
為替ブログ





posted by FXで金利生活 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。