2015年12月27日

不労所得であれば、スワップでなくて良かった訳だが

急激な円高にビビッているリーマンです。

ドル円は120円割れてきそうだけど、トルコリラはしぶとく粘っていますね。


嬉しいんだけど、なぜこんなにハラハラしているんだろう?


考えてみると、スワップでなくても良かったんだった。


欲しいものは不労所得なんでした。


株の配当金や不動産収入が理想だけど、セミリタイヤするほどの不労所得となるには時間がかかるし・・・と考えていたら、一番良さそうなのがスワップだった訳。


確かに比較的少ない元手で、驚きの不労所得だから、こんな有利なものないよね。


トルコリラを10万通貨買うと、1日に約1100円、つまり1ヶ月で約3.3万円のスワップポイントが入る。

200万円程度の証拠金があれば、1年間で約40万円も金利がつくんだよ?


なんとかその5倍〜10倍の資金を作れば、不労所得でリタイアも可能かと勘違いするじゃないですか!


でも、ちょっと値動きが派手すぎて、値動きというか下落する時のスピードが激しすぎて、心の平静を保てません。

これではセミリタイアって感じにはなれませんね。


しかし、今のところ安定しているから、もっと証拠金を積んで、強制ロスカットにならないようにしたい。

そうすれば、不労所得で生活できるかも!?


posted by FXで金利生活 at 00:01 | スワップで金利生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。