2011年04月11日

円安相場の壁はどこか

本日は統一地方選挙でした。
震災やら政治のダメさ加減にあきれ果て、もっとも興味のない選挙でしたが投票はしました。


今回の震災と放射能による被害から立ち直るためには、いよいよ現体制の改革が必要です。
原発の問題にしても東電と経済産業省の天下りを条件とした癒着。
スポンサーの提灯報道しかできないマスゴミ。
相撲協会のゴタゴタもそうですが、既得権益にしがみついた業界はすべて期待できませんね。
このままでは泥舟のようにゆるゆると沈むのを眺めるだけでしょう。


為替は円安トレンドが止まりません。
いまや主要通貨では最弱となった日本円。
しばらくは浮上の目がありません。


円が利上げする可能性は当面の間なくなりました。
逆に豪ドルやユーロを始め、利上げされる通貨に資金が集まっています。
対円以外ではすべてに弱い米ドルも量的緩和政策が終了すれば、いよいよ利上げ、上昇となりそうです。


順調に上昇していた各通貨ですが、そろそろ上昇しすぎで弾かれそうです。
豪ドルも90円まではびっしりと売り注文の壁があります。
ここを抜けられるかどうかですね。
更なる利上げが発表されれば、簡単に突破しそうな勢いがあります。


応援お願いします。
にほんブログ村 為替ブログ
人気ブログランキング
 

posted by FXで金利生活 at 01:20 | Comment(0) | 外国為替相場市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。