2010年02月06日

FXで不労所得生活を送るには

FXで不労所得生活を送るなら、
一昔前だとスワップ金利による金利生活でした。


しかし、残念ながら現在は世界中どこも低金利です。
高金利通貨で比較的安定しているのは豪ドルです。
その豪ドルでも1日のスワップポイントは約80円。


2010年2月現在、1ヶ月のスワップポイントは2400円です。
月収30万円を稼ぐには、125枚のポジションが必要です。
現在のスワップ金利では正直狙いづらいですね。
景気が回復して、金利が上昇するのが待ちたいところです。


証拠金30万円で豪ドル1枚持つと、年利は10%近くなります。
年利で見ると多いですが、価格変動と比較してありかどうかです。


スワップ運用の良いところは、手がかからないこと。
ポジションを持った後は、まったく放置でかまいません。

リーマンショック後の60円以下、60円台で仕込めばどうでしょうか。
大幅な含み益で安心して放置することができます。
大暴落時に仕込むことができないかチャンスを待ちましょう。


さて、もう一つのFXの不労所得はトラップリピートイフダンです。
豊富な資金でトラリピを仕掛ければ、月に10万〜20万は可能です。


トラリピならスワップ派より少ない証拠金で稼ぐことができますので、
不労所得生活・セミリタイアも達成しやすいですね。


下げ相場・低金利になってもショートもできるので、
スワップ運用よりは影響を受けづらいです。


FXの不労所得だけで完全に生活できなくても、
給料以外に月数万円の副収入があると、生活は非常に楽になります。
徐々に資産を増やし、よりローリスクな運用へ移行していくべきです。


ちなみに、100万円も年利10%で30年運用すれば、1700万円、
年利20%なら2億円以上になります。

複利の力で、お金持ちはよりお金持ちになるのです。


posted by FXで金利生活 at 20:50 | スワップで金利生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。