2010年02月02日

FXは移動平均線でトレンド判断せよ

トレンドを制すものは為替を制す。

FXでは、トレンドを判断し乗っかることが重要です。
チャートを見てみると、一発でわかりますね。


trend.JPG
これは豪ドル円(AUD/JPY)の日足チャートです。
同じ色が続いていますよね?


つまり、一度トレンドがついたら、しばらく同じ方向に動くということ。
この値動きに素直に乗れば、稼ぐことは難しくありません。



では、どうやってトレンドを知るか?

簡単な方法は、移動平均線を使うことです。


チャート上の移動平均線ですが、赤が3日移動平均線です。
移動平均線が上昇に転じたら買い、下落に転じたら売りです。

2日移動平均線でもいいですが、確実性で3日にしています。
シンプルにトレンドがわかりますね!


ただし、トレンドが強いか弱いかはわかりません。
すぐにトレンドが終わってしまい、結果損切りになってしまうこともあります。


ちなみに、青は9日移動平均線です。
3日が9日をクロスすれば、擬似ゴールデンクロスとして見ています。
一つの判断材料としてご利用ください。


もっと目に見える形でトレンドを知りたいとき使えるのがGMMAチャートです。
陳満咲杜さんも力を入れていて、2012年7月に本も出版しています。



gmma.JPG
これも移動平均線を使用しています。
赤は短期筋の動向、青は長期投資家の動向を見ることができます。


単純移動平均線ではなく、平滑移動平均線(EMA)を使用し、
赤色EMA: 3, 5, 8, 10, 12, 15
青色EMA:30, 35, 40, 45, 50, 60
と設定しています。



線が扇状に拡散していくとトレンドが継続、
逆に線が収束していくとトレンドが終了しようとしています。



青の長期線が収束気味のときに、赤の短期線が拡散しながらクロスしたとき、
かなりの勝率で勝つことができます。


ダマシもありますが、小さく負けても大きく取り返しましょう。
移動平均線でトレンドを制し、FXで勝ちを収めてください。
 
このGMMAチャートですが、MT4だと自分で設定できます。
でも、MT4を利用していない方や、ぶっちゃけ設定が面倒くさい方は
最初から使えるFX会社を利用するのが良いでしょう。

LIONFX GMMA.JPG
こんな感じですぐに利用できます。

ヒロセ通商【LION FX】のLIONチャートが便利です。

posted by FXで金利生活 at 16:37 | FX必勝法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。